フロアコーティングの種類

画像

フロアコーティングの大まかな分類には、「アクリル系(ワックス)」、「ウレタンコーティング」、「シリコンコーティング」、「UVコーティング」、「ガラスコーティング」があります。

業者によっては、シリコンとガラスを混ぜたタイプなども開発・施工しているようです。
また、樹脂の配合などは施工業者ごとに異なりますし、施工技術によっても差が出るので、「○○コーティング」という名称が同じならどの業者でも同じというわけではありません。

どの種類・どの業者を選択するかによって耐用年数や後々のメンテナンスに大きな差が出ます。
耐久性が最も高いといわれている「UVコーティング」の耐用年数は20年以上、その分お値段も高めですが、実際最もよく選ばれているというアンケート結果もあり、別項目で詳しく取り上げます。

アクリル→ウレタン→シリコン→UV

ちょっとややこしい話になりますが、「ワックス」や「フロアコーティング」は時代とともに材料や技術の変遷があり、何を含み意味するかも移り変わっています。

今では「ワックス」と分類されることが多い、アクリル系の樹脂ワックスが出たての頃は、それまでのロウワックスをワックスと呼び、アクリル系樹脂ワックスは「フロアコーティング」とみなされていたようです。

新製品を開発するときに、既存製品より機能が劣ったのでは意味がありませんので、アクリル<ウレタン<シリコン<UV と、新しい種類ほど、耐久性、強度、フローリングとの密着性などの機能が高くなっています。ウレタンでは薬品に対して耐久性が弱かったものが、シリコン以上になると、薬品にも耐久性があるなど、基本的な性能が高まっています。比較表を(流用して)掲載されるだろうという前提で、その他の細かい点は記載していません

ガラスコーティング

アクリル、ウレタン、シリコン、UVなどのフロアコーティングが有機系、樹脂系の‘塗料’であるのに対し、ガラスコーティングは無機系で、少し系統が異なります。
(UVフロアコーティングは、他が自然乾燥なのに対し紫外線で塗料を瞬間的に硬化させ焼き付けるという大きな違いがありますが、ベースはウレタン塗料です。)

ガラスコーティングの特徴は、マットな光沢を出せる、水・油・薬品などに強い、耐用年数が10年程度と長め、紫外線に強い、などです。
ただ、一般的に、硬度が高く密着性がやや弱いので、UVフロアコーティングに比べ、はがれたり割れたりしやすいと言われています。
繰り返しになりますが、同じ種類でも業者・配合・施工技術に差があるので、施工者の体験談などもチェックして良く比較して下さい。

TOPへ戻る